世界は推しでできている

若手俳優を推しているおたくの独り言墓場

推しくんの事務所にとっての推しくんの価値とは

お……こんな世界があるんですね。

 

(と、とある記事を拝見して書いたのですが、元記事を消されていらっしゃるようです。なので、事務所と推しくんのことについて触れるエントリーに変えました)

 

推しくんが事務所に大事に扱われているかどうかって、おたくはすごく敏感な気がします。

私はすごく気にします。

気にしてはいますが、どうにも改善されない(いい方向にいっていない気がする)ので、もやもやしています。

 

ここからは、推しくんの事務所について思うことを書こうかな。

 

推しくんの事務所は、小さくありません。かなり大きいと思います。大きいのですが、とりあえず預かっているというタレントから、がっつり手厚くしている人たちまで様々です。というか、大きすぎて、名を連ねている人たちがビッグネームすぎるんですよね。部門も多岐にわたっていて、しがない推しくんなど埋もれてしまっている感じです。ちゃんと見てもらえているのか、常に不安です。

 

推しくんは本人の希望というか夢もあり、所属は俳優部門ではありません。ですが、いまやお仕事欄に並んでいる情報は、98%が舞台とイベント関連です。2%がかろうじて、その所属している部門に関するお仕事といった具合です。

 

芝居の仕事をするために、オーディションに行かせてもらっているだけ本当にありがたいのですが、どうも仕事の取り方が、舞台のオーディションしか受けていないような印象なことにもやっとしています。

事務所が、「とりあえず顔良いんだし(これはもう仕方ないよね!!!くっそかっこいい!!!造形美!!!神作画だもん!!!)、舞台やらせておこう」と考えているような気がして仕方ありません。

私は、この現状の舞台に出続けている経験ももちろんすべて彼の糧になっているだろうし、こうやって積み重ねていった先に、本来の本人が夢だと語る場所で輝けるときがくると信じて、いまのお仕事も応援していく気持ちでいます。

その気持ちでいるし、毎度こんなポエミーなことを手紙に書いています(笑える)

 

でもたまに不安になります。

このまま、2.5次元舞台俳優として消費されて摩耗して、それで終わってしまったらどうしよう、と。

推しくんは、消費されたとしても、そこからまた立ち上がっていけるだけの力と強い意志がある人だと思っていますが(過大評価じゃないと信じたい)、事務所が使い捨ての商品のように思っていないかが、不安になるのです。

 

お仕事は契約です。事務所に所属している以上、事務所の意向もある程度は絡んでくるだろうし、推しくんを身の振り方について、大なり小なりの影響力を持ってしまっています。

大きい事務所でも干されたら飼い殺しで終わるし、かといって、小さい事務所がなにか勘違いしたような使い方をしてくることもある。

どっちがいいという話でもないですけど、推しくんを大事にしてほしい。どちらかというと過保護ばばあになりがちなおたくだから、大事にしてほしいよ~~~~~~~。世界一素敵な推しくんのこと、ほんと大事にして~~~~~~~って大声で事務所の前で叫びたい。

 

推しくんにコンスタントにお仕事がある時点で、これは感謝すべきことですよね。きっと。

いまはまだ、芸歴の短さからいっても、完全に駆け出しの部類です。貪欲にいろんな仕事をしていったらいいと思っています。だから、2.5次元続きまくっているけど問題ないよ!!!

あと1年、2年くらいは、それでいいかなって思っています。

が、その後。その後に待っている日々のことを考えると、いまからつらいです。

 

どうか推しくんが、せめて2年後には、ぼちぼち本来のやりたいお仕事が出来ていますように…!そちらの世界で輝くための足がかりをなんとかして掴んでいますように…!そのためにも、事務所の方々もどうか手をつくしてあげてください…!

 

私は、今now輝いている推しくんも、2年後に輝いているwill推しくんも、みたいんだ!!!!!!!!!!!