世界は推しでできている

若手俳優を推しているおたくの独り言墓場

推し被りのこの地獄を反面教師にして下さい

 

korilakku.hatenablog.com

わ~よろしかったらお友達になりませんか?(ナンパ)

 

同意しすぎて首がもげるかと思いました。

本当にこれなんです。

 

でも、私の現状はさんざん書き連ねていますが、こんなことになっています。

 

同担が友人である場合の醜い内紛 - 世界は推しでできている

同担といて「うぉぉ〜〜い!!!」となる話 - 世界は推しでできている

推しとティーシャツとわたし〜同担を添えて〜 - 世界は推しでできている

 

フェイクは入れつつ書いていますが、万が一にも本人にこの記事が届いてしまうことに、正直とてもびびってしまっていて(びびってしまう時点で、本当に私は外聞ばっかり気にしている八方美人なくそやろうだと思います)、少し柔らかめに書いているんです。

多分、本来私は拒否側の人間なんです。なので、見られることのリスクを恐れて、だいぶ表現は曖昧にしていますが、本音を言ってしまえば(結局言っちゃう)推し被りなんて大嫌いだよ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~。

 

たまに共演することがあったりして、なんとなくご縁がある俳優さんの、似たスタンスと価値観を持っているお友達が一番大好きです。

もしくは、推しは同じでも、諸事情いろいろ抱えていて現場には来れないけど、推しくんの好きなところや見ているところが一緒で、同じことにきゃーきゃーできる。さらに、こちらが現場行っていることに本当になんの嫉妬もしてこないで、純粋に私が応援していることも応援してくれている。さらにこれまで歩んだワカハイ歴に共通点があり、一緒に懐古厨できる。このお友達も大好きです。推しは一緒だけど、本当にこのお友達だけ例外的にだいすきです。

 

裏を返せば、それ以外の推し被りちゃんは全員関わりたくないです。

初期は本当にそんな拒否気味でもなく、周りに推しくんを知っている人もいなかったから、推しくんのお話できるだけで嬉しかったし楽しかったんです。

 

じゃあなぜそんなにだめになったのか?

理由は冒頭に言及させて頂いた記事のにかかれている、こういうところが無理!っていうところが、ほぼほぼ当てはまるタイプの方だったからです。

とくに私の地雷となっているのが、「過度な認知厨」と「他力本願」です。

 

「過度な認知厨」

覚えてもらっていたら嬉しい。うん、わかるよ、うれしいよね。私も、その気持ちはわかる。

でも何年追ってるの?推しくん頭いいんだから、その頻度で現場入っているおたくのことなんて全部覚えてると思うよ?

とてもいらつく事例。

 

1)定期的に(月1とか)接触がないと、すぐモチベ下がったとこぼし、もう絶対忘れられてるうんぬん。

はいはい。推しくん鳥頭じゃねぇからな。おぼえてるよ。(を、優しい言葉で言い換えてフォローする)

 

2)接触でいちいち自分のことを覚えているか、推しくんにいろんな質問をして確かめる。

まじで推しくんかわいそうだから、やめてあげてほしい。やんわり注意しているけど、確認しないと気がすまないそうなので、もうお手上げである。

 

3)舞台で出欠確認を求める。なお、されてないと思うと、観劇直後の開口一番がそれについての愚痴。

これが正直一番無理。最近は荷物整理する振りして全部聞き流している。私は推しくんの演じるものが好きで、それを観たくて入っている。舞台のなかにはたしかにファンサものもあるにはあるけど、それだってファンサのある役ゆえの演技のひとつ。別に推しくんによる推しくんおたくを探す野鳥の会的な時間ではない。極めつけが、ファンサのない舞台に対し、物足りないとこぼす。知るか!!!!!!!!!!じゃあもうくんな!!!!!!!!!!!!

 

数年鬱憤溜めていたようで、ちかごろ爆発しそうです。ずっともやもやしていたものの、ここで文字にして思考を可視化したことで、頭の中が整理されてより一層無理になってきてしまいました。

 

 

「他力本願」

まあこれは、私がいい人というポジションを立ち回ってしまう性格なのが悪いです。なので私が悪いんだけど、ずるずるっと他力本願に拍車をかけてしまって本当に反省しています。これからは気をつけます。だからもう私にチケ取りでよっかかってくるのはナシにしましょう。ほんとうにこれは自業自得です。

 

ほかにも色々あるんですけどね。これ以上はさすがに私の人間性のくそっぷりが露呈されるだけだから控えようかな!

 

 

は~~~さっさと離れればいいじゃんってみんな思っていますよね。私も思います。思ってるもん!!!!!!!!!

でも色々事情が重なってしまって、そう割り切れるもんでもないのがな。

ここまでに、推しくんのために推しくんのおたくが一致団結しなくてはならない場面っていうのが何度かあって、そういう死地を一緒に乗り越えた的なものが芽生えてしまっている。ほすとちゃんこわい。

 

こんなアホはそんなにたくさんいないと思いますが、みなさんも推しが同じという人とつながる際は、あまり安易におつながりになられないよう!ご注意を!

反面教師にしてください。

いっときと思ったつながりが、そのままずるずるっと続いてしまうことってありますから。

 

でも私は現場に推しくんを観に行っているだけなので、現場では推しくんのことだけ考えて生きてるよ!!!現場でそうやって過ごすために、こっちで吐き出しています!!!浄化浄化ァ!!!!!!!

 

そういえばもう推しくんの年内のお仕事は出揃ったのかな?推しくんカレンダー(ぐぐる様)が2018年にちょっとずつ移っていってて、年の瀬を感じますね。