世界は推しでできている

若手俳優を推しているおたくの独り言墓場

現場には魔物が棲んでいる

病は気から。
まさにその通りで、気持ちは体調に直結します。それは推し事に関してもそうです。私は現場があるときは、たいてい体調が芳しくありません。悪いというよりも、現場(物理的な意味)が近づいてくると悪くなっていく感じです。


悪くなるというと語弊があるかもしれません。


緊張、期待、緊張、高揚、緊張、期待、緊張、不安、緊張、帰りたい、緊張、会いたい、緊張……


書き起こすとかなり酷い字面ですが、実際に胸の内は「どこのライブのキンブレだよ!カラチェン多いんだよ!」というくらい、カチカチカチカチと色が移ろっています。
その結果、実感として言葉に表そうとすると「体調わるい」になります。

 

上記のカラチェンマインド(?)は、舞台初日のパターンです。これから推しくんにどんな演技を観せてもらえるのか、緊張と期待がとことん高まっていって、そのうち推しくんの新たな一面に直面して自分が正気を保っていられるか不安になります。

舞台初日!すき!たのしみ!はやくみたい!
本当はこれくらい楽しそうな感じでわくわくと初日に臨みたいし、わりと前日まではテンションはお祭り騒ぎをしているのですが、行きの電車でどんどん顔色が悪くなっていく(笑)傍から見ると本当に滑稽ですね!?さすがにシリーズもので以前も演じた役なんかだと、もう少しポジティブに劇場ログインできます。安心して下さい。

 

 

ただ初見のやつは~~~もうだめ~~~。公式に載ってたあのビジュアルで!あの!ビジュアルで!私の視界に飛び込んでくるの!?むり!すき!むり!と、無理が募ります。ただこれはまだ口に出せる範囲の不安だからかわいいものです。

 

実際には、推しくんがこの役をどう演じてくれるのかっていう部分に対しての緊張と高揚と、一抹の不安を抱えています。推しくんに対して、なんて失礼な心配なんだ!!!と思われる方もいらっしゃると思います。それを商売としているプロに対して本当に失礼だと思います。推しくん、ごめんなさい。

 

決して、推しくんの演技自体に不安があるわけじゃないんです(じゃあなんだって感じですね、歯切れが悪い)折に触れて書いている通り、推しくんは“新人”若手俳優の括りだと思っています。同じステージに立つ方々に比べて、芸歴が浅いことがほとんどで、舞台の出演本数も及ばない。だけど、ありがたいことに頂く役は、わりといい役。

 

そうなってくると、他人の視線気にしすぎおばけに取り憑かれているばばあは、推しくんを推していない人の目に、推しくんの演技がどう映るのだろうか…?ていうことを考え始めちゃうんですよね。
多分、この不安をズバッと切るなら、「いや、ほかのお客さんもそれぞれのお目当ての人しか観てないよ。推しくんのことそんな注視してないよ」ですかね。

 

わかってる!わかってるの!わかってるんだけど、お客さんで埋まっていく客席をちらりと眺めては、少しでも誰かの心に残る演技をしてくれたらいいな~~~そんな演技が観たいな~~~観せてよ~~~観れるかな???み、観れるよね?;;え、なんかもう具合悪い;;

 

こうなっちゃうんです。もうそろそろこの具合悪い芸もやめたいのですが、どうしたらいいのでしょう?(いろんな症状に対応できるように、即効性のある常備薬を複数持ち歩いています。薬さまいつもありがとう)

 

他人の目を気にしすぎっていう話は、遡るともう幼稚園時代くらいから記憶にあって、私に深く根付いてしまっている性なんだと半ば諦めています。でも、自分に対してだけでなく、推しくんが他人にどんな風に映るかっていうところまで気にしちゃうのは、本当にいきすぎだし気持ち悪いという自覚はあります。推しくんと自身のことを同一視している感じも気持ち悪いし、勝手に親目線みたいなものを気取っているのも気持ち悪い。

 

どうしたら気持ちの悪くないおたくになれるのでしょうか。私は気持ちのいい清々しいおたくになりたい。推し被りも、推し叩きも、マウント女も、ぜーんぶそよ風みたいに受け流して、やましい気持ちなんて抱かずに、推しくん大好き!(にこにこ)と底抜けに明るい笑顔で言い放つ、剛柔兼ね備えた白金の心を手に入れたい。手に入れたい。

 

 

上記は舞台初日のメンタルです。接触のときは、もう思考が正常に稼働していないので、体調不良も麻痺しています。アドレナリンの力でしょうか。アドレナリンってすごいですね。


頭パーンとなって、早口でなにかをまくし立てて、剥がされるほど執着しているように見られたくない(出、出た~他人の視線気にしすぎ虫~)と、なるべくさくっと立ち去ります。最近気付いたのですが、これ、多分感じ悪いので、直近の接触はもうちょっとゆとりのある感じで時間を使うように心がけてみました(出来たとは言ってない)


だって推しくん、時間の許す限り、去っていくおたくの背中にまでひとりひとり丁重に両手で手振ってくれてるんですよ???どんな好青年!?!?1周目終わってからその事実に気づいたので、2周目以降はそそくさと背を向けずに、推しくんほどかわいらしくはできなかったけど私の精一杯のかわいらしい雰囲気(雰囲気)で手を振ってきました。

 

若手俳優SNS利用講習会開いて、おたくには接触講習会を開いて欲しい。接触は最高に怖くて、最高に幸せな一瞬をくれるけど、正しい振る舞いをできるように、接触する系ワカハイおたく必修科目として受講させてください。よろしくおねがいします!!!

 

話飛びますが、最近たくさんのブログが更新されていてうはうはしています。話したい!とか、それそれ!とか思う話題が多すぎて、なかなか拾えないし、でも話したいから、ついにツイッターでエアで語り出しました。ツイッター便利すぎる。フォローしてください(直球)お花の記事の中でかわいい〜素敵!と思ったお花が、私も愛用しているお花屋さんでこっそりテンション上がりました。ふふふ、そこ、素敵ですよね〜〜!わかる!