世界は推しでできている

若手俳優を推しているおたくの独り言墓場

現場がないと病みがちなおたくは何をして過ごすのか

推しくん、コンスタントにお仕事が入っていて本当にファンとして嬉しい限りです。関係者各位ありがとうございます。とはいえ、どんなにお仕事が続いているとはいっても、舞台の稽古期間などは、現場と呼べるものがありません。
こういう期間、おたくのみなさんは何をして過ごすのでしょう?

 

私にとって現場は、推しくんを観たい!推しくんに会いたい!というエゴのために通うもの。その結果、素敵な推しくんの姿に感動と興奮と新たな世界をみせてもらう。付随して、押し寄せてくる実生活でのストレスを浄化させてもらっています。推しくんありがとう。


逆に言うと、現場がないとストレスが発散させる術がないタイプです。閉塞感で鬱々としてきてしまって、感情が煮詰まってしまって良くない方向に暴走しがちになる。推しごとを糧に日常を送っているのですが、肝心の糧が得られない!となると、どうしたらいいのか分からなくなってしまう。仕事は趣味のためにかろうじて続けている系ダメ社会人だし(労働という手段で成したい目的があることは素晴らしくないですか!?)、24/365ゴールがない育児はゴールがないゆえに24/365マラソンひっひっふー。どうしたものか。

 

一応どうやって過ごそうか、あれこれ模索はしています。


1)身なりの改善に充てる
2)積んでいるものを崩す
3)人間関係にリソースを割く
4)……


よ、四個目が出てこない~~~すごい、3つしか浮かばなかった。

 

1)身なりの改善に充てる(とても低レベルでの改善)

現場がない=次の現場までの準備期間。
半月後にはどれくらい寒いかな、手持ちの服じゃ着回せないな、とか考えて服を調達する。服屋でゆっくりみるとかはもうココ数年実現してないけど、いや~~~ネットってすごいよね!ありがとう!これまでに買った服とのサイズ比較できるのすごい便利!あの服は丈感があれだったから、この服のこのサイズ感は理想っぽい、って名探偵ごっこしながらジャストサイズの服探せる!なにより、自由時間を得るのが難しくても通勤電車のなかとかで買い物できてしまうのはほんと~~~うに文明の利器ありがとう。

 

舞台の現場があると、もれなくついてくる物販。トレブロ・トレ缶の絵柄は!?全何種!?そのうち推しくんは何種!?と、なにかとせわしなくなります。私はランダム物販は好きな方の手元に全部旅立たせたい派です。手元に推しくん以外の方がいても、後日私がそれを眺めたりすることはまずありません。そんな真っ暗な生活を我が家の片隅で強いるよりも、たくさん可愛がってくれる推している方のもとへお届けしたい。公演期間中(もしくはその前から)取引垢にひきこもってずっと取引しています。ちょっとしたデイトレーダー気分です。デイトレードしたことないけど。

 

話が逸れました。つまり、現場があるとその前後は取引に忙しい。梱包や発送や振込や、なんだかんだ日常のスキマ時間が奪われていく。
現場閑散期(え、つらい、この字面。誤解を生む。推しくん、お仕事はあります!たくさんあります!ただおたくのスケジュール帳的静寂期間のことですよ!)、気を取り直して、現場閑散期(つら)は、取引に奪われていたスキマ時間が戻ってくる!そうすると、そのスキマ時間にコスメの新調をしにいける!わーい!

 

果たしてそれが、身なりの改善につながっているかどうかは自分で鏡見てもたいしてわからない。でも気持ちは晴れます。それが大事。メイクはTPOとして最低限すればいいものだとは思うし、そこは各自の信念だと思います。以前、すっぴんUMAの記事で書いた気がしますが、私はコンプレックスの塊肉なので、メイクはそれを打ち砕いていくための武器だと思っています。新しい武器装備したらどんな勇者もテンション上がっちゃうじゃないですか!それと同じ感じで、コスメ(ただしコンプレックスこじらせ対面コワイおばけなのでドラコスプチプラで生きている)買って、わーい楽しい、次の現場に向けて装備が増えたぞー!となります。

 

服を買う、コスメを買う。どちらもかなり私のメンタルを上げてくれます。時間に追われていても、ぽちっとネットショッピングでいいし、お手軽な値段のものでいいから、「これは私の、私のためだけのものなのよ!!!」と思えるものを買うと、ちょっとした気持ちの余裕が買える気がしています。ここまで書いて、「それってチケットじゃ…」って思ったけど、チケットはベツモノ!!!チケットを買うとさらに時間のなさに拍車をかけてしまうのであれは別次元のもの!!!でもいつもポチポチしていしまっているのは、推しくんの魅力ゆえである。


2)積んでいるものを崩す

おもに円盤ですね!本当に好きな作品、たとえばジョカステ*1とかだと、フラゲ日に睡眠削って一気見とかします。でも、ほら、推しくん出てるから円盤は絶対買うし、特典映像も楽しみで勇んで観るけど、本編はもにゃもにゃ。な感じのやつ!ありませんか?私はあります!推しくんの演技はどれも素敵で作品ごとに着実に新たなものを纏い変貌していく様は本当に繰り返し観たいのです。観たいのですが、脚本や演出とケンカしちゃう作品も悲しいかな、ゼロじゃない。

 

とりあえず特典映像だけ観て、本編は後回しにしているやつを崩したい。崩したいって言っちゃっているので、崩せていないです。崩す前に手前にあるお気に入りの円盤をついポチっと再生しちゃっているんです。あるあるです。円盤観るようなまとまった時間ってなかなか作れないので、せっかくできた時間なら好きな円盤観たいな~ってなっちゃうじゃないですか。

 

推しくんの活動には声優アーティスト(という括りですが、みなさんもよくご覧になる2.5に出ている若手俳優さんやら、某人気アプリの中の人とか、いろんな人たちが所属している)もあって、そのグループの最近発売された円盤は半分ライブなので、ありがたい。ライブはリビングでBGMとして流しやすい。年末年始にかけて、ライブパート多めの2.5出演作の円盤が続けて発売されるのでとっても楽しみです!!!

 

円盤崩す話どっかいった!まあいいや!いつでも出張ダイマするので、気になった方は声かけて下さい。あと推しくん、声とっても柔らかくて芯があって耳に心地いいので近々ソロキャラソンが解禁予定なので、解禁したらダイマします。開き直りの境地。


3)人間関係にリソースを割く

ドロップアウトも含みつつここ数年の推しごとで、何を失ったか。私の場合、お金と人間関係です。いや~だって、誘ってもらったその日が運良く空いてるってなかなかの奇跡ではないでしょうか?もともと人付き合いがへたくそなので、そもそもの友人の数は両手で足りるレベルでしたが、さらに減りました(笑)。あと年齢的にも、自分も周りもそれぞれの世界を創っていったので、学生時代のような密な交友関係というものもなくなりました。

 

でも面白いことに、推しごとで得たもののひとつは人間関係なんですよね。世の中うまくできている。若手俳優を推す推さない関係なく、舞台観劇が趣味っていう人にリアルでほとんど遭遇したことがない。そんな私にとって、ネットとかネットとかネットを機につながった趣味を共有し合える存在はとても貴重です。会ったの何年前?というくらい会う機会がない人も中にはいますが、ネットでゆるくお互いの近況を把握して、勝手に仲間意識を持っていたりする。お互いの推しごとにゆとりがあったら、そのタイミングで久々にお茶をしたりとか。日頃推しくんを優先しがちな人間関係を見直し、改善をしようと試みる期間だったりします。

 

あと現状では、推しごとができていることに感謝の気持ちを込めて、とにかく家族に時間をつかいます。むしろ、それしか選択肢がない。実際の家族と、一方的に応援している方とではかなりベクトルは違う。だけど、愛すべき(語弊がある)存在がたくさんあることって、なんかもうそれだけでけっこう幸せだなー!!!ハッピー!!!と思っています。ハッピー!!!

 

大事だと思える存在を、とことん大切にできることは、すごく幸せです。おなじように(おなじように語るべきではないかもしれないけれど)、応援したい人をとことん応援できるって、すごく幸せなことだと思います。

結論:推しくん大好き

 

現場がないと病みがちなおたくは何をして過ごすのか

現場がないと病みがちなおたくは、結局めぐりめぐって推しくんのことを考えて過ごすようです。皆さん今日も良い推しごとを!!!